新たな取り組みスタート!社長とパートさんとの交流の場

 

19期から「社長とパート食事会」という新たな取り組みを始めました。

社長とパートさんとで、ランチなどの飲食を共にするという取り組みです。

 

パートさんからの声でスタート

 

このパート食事会は、パートさんからの声で始まりました。

 

「パートは社長との食事会に参加できないから、昼頃などにやってもらえないですか?」等という現場の声があり、開催することになりました。

社長との食事会は、18:00頃から開催することが多くパートさんは家庭もあり、参加することが難しい現状でした。

 

そこで、パートさんからの声で今期よりスタートしたのが子の取り組みです。

 

家庭と仕事を両立しているパートさん

 

パートさんは、家庭と仕事を両立している方がほとんどです。

 

リビアスでは18歳から70歳以上迄と、幅広い年齢層が働いてくれています。

 

若いパートナーも多数いるので、自分の子供を育てるように若いパートナーを育成してくれています。

 

社長とのパート食事会では、仕事の話はもちろん家庭やプライベートの話をすることができ、現場の生々しい話を聞くことができます。

 

日頃なかなか社長と話すことができる場が少ないので、とても貴重な時間です。

 

 

この食事会に参加するには、

社長とのパート食事会

●担当者は3G、4Gとする。参加者は1G、2Gのパートから店長が推薦し担当者が5人選ぶ。

●3ヶ月に1回、年4回

経営計画書:コミュニケーションに関する方針抜粋

というルールがあります。

 

店長がパートさんを推薦し、参加していただけます。

 

まとめ

 

リビアスで新たなコミュニケーションを取れる取り組みが始まり、絆を深めてチームワークをより一層良くしていければと思います。

 

幹部や社員だけではなく、パートさんまでといった幅広いパートナーの声を吸い上げて、新たな取り組みや改善ができるのは飲みニケーションが着実に「ただの飲み会」ではなく「重要な会社の取り組み」になってきているからではないでしょうか。

 

今期もしっかり現場からの声を吸い上げ、パートナーが働きやすい環境を作っていきます。