1年を振り返り結束を強くする!有馬で決起会を開催しました!

リビアスでは、5年前から毎年12月に有馬温泉で決起会をおこなっています。

参加できるのは、「エリア長見習い」という役職以上の幹部職員です。リビアスを経営していくにあたり、組織の根幹となるパートナーが今年1年間におこった出来事を振り返りながら、来年へ向けて目標や抱負を立てていく機会です。

有馬決起会には、経営サポート会員様も参加され、外部企業の経営者からリビアスパートナーが刺激をうける1つの機会ともなっています。

2017年12月4日、5日に実施した有馬決起会の様子をお伝えしていきます。

研修の内容

5年目となり、毎年12月の恒例行事となった有馬決起会。今年は60名の参加でした。研修の目的は1年間の出来事を振り返りながら共有し、グループの結束を強くすること。

兵庫県にある有馬温泉の有馬グランドホテルで研修を行いました。

1日目は外部から講師をお呼びし、講演会を行います。

 

これからグループ全体が発展していくために、何が必要か、どのような視点で会社を運営していくべきかなど様々な視点でお話をいただきました。

 

講演会が終われば宴会です。

まとめ

リビアスでは、来期から出店スピードをこれまで以上に加速していきます。多数の店舗を出店するということは店長以上のポジションが必然的に増えるということです。

それにともない、更なるポストと人材の確保が必要となるため、今回抜擢人事をおこないました。

例年に比べると幹部パートナーが倍増し今回の有馬研修は過去最高の参加者数に。更には、スペシャルなゲストによる講演もあり、改めて身の引き締まる有馬研修となりました。

いつもとは違う、「非日常的な場所」で時間を共有し一致団結する。この有馬研修に参加することで、更に仕事への意識が高くなると毎年感じています。

そして、今回の有馬研修ではリビアスの大きな目標を掲げました。大きな目標があるから頑張れる。辿り着けるかわかりませんが、間違いなく言えるのは、大きな目標を目指すことで成長できるということ。

2018年も「素直・謙虚・感謝・チャレンジ」を合言葉にリビアス一同邁進していきます。