2年間を終えて、同期と鹿児島県知覧町へ

リビアスでは、年に2回知覧研修が行われます。

リビアスの恒例行事になってきています。

年に1回目は一般パートナーと行く知覧。

2回目は、スタリアビューティーカレッジ大阪校を卒業したばかりの学生と行く知覧。

スタリアビューティーカレッジで学んだ2年間を終えて、同期みんなで行く知覧となります。

鹿児島県の知覧は、大東亜戦争時に若い兵士たちが特攻隊として飛び立った場所です。

そこの場所に行き、歴史を学び命の尊さと感謝の気持ちを学びます。

 

富谷旅館で体験・経験をし、感謝をする

 

知覧では、富谷旅館に宿泊します。

富谷旅館とは、戦時に兵士から「お母さん」と呼ばれていた鳥濱トメさんがつくった旅館です。

その旅館先で、1泊2日間宿泊をします。

 

 

そこで、実際に飛び立つ兵士が食べた食事をいただいたり、鳥濱トメさんから語り継がれている話を聞きます。

 

今、この現代に日本という戦争がない国で生まれ、自分が生きていることへの有難さを感じることができます。

 

夜はみんなで夜を共に過ごす

 

研修が終わった1日目は、みんなで夜を共にします。

 

みんなでこの2年間を振り返って、和気あいあいと懐かしさを感じながらお酒を飲んだりします。

 

 

2年間学生と社会人のはざまで大変なこともたくさんあったかと思います。

 

本当に2年間よく頑張りました。

 

スタリアビューティーカレッジを通いながら社会人として働いたこと、共にみんなと過ごしたこの2年間という時間はかけがえのない時間になると思います。

 

 

最後に

 

リビアスでは、現地に足を運び自分の目で見ていただき経験・体験をしていただく機会をたくさん設けています。

 

毎年恒例となっていますので、これからもたくさんのパートナーと共に時間と場所を共有していければと思います。