恒例12月幹部研修!部門方針を決める場

 

リビアスでは、6年前から始まった12月幹部研修。

6回目となり、恒例行事となってきました。

毎年、有馬グランドホテルにて研修を行っていましたが、今年はみのお山荘風の社という場所で開催となりました。

この研修に参加できるのは、エリア長見習い以上という役職者です。

役員、事業部長、エリア長、エリア長見習いの総勢30名程が参加する幹部研修。

今年の様子をご紹介します。

 

 

研修内容

 

毎年研修内容は異なっています。

去年は外部講師をお呼びし、セミナーを行いました。

リビアスグループが発展していくために何が必要で、自分たちがどのような視点で運営していかないといけないか等学びました。

今年は、経営計画書の各事業部の方針を作成する場となりました。

2・3年ほど前から各事業部の方針は、事業部長とエリア長(見習い含め)で作成して来ました。

各事業部、市場やお客様をよく分かっている事業部長やエリア長で決めることによりお客様に選ばれるお店にしていきます。

 

 

そして、研修終了後は恒例の宴会!

宴会には、部屋にある作務衣で参加が必須です。

 

飲んで食べて踊って、他事業部ともたくさん交流ができました。

 

 

まとめ

 

今年も、幹部研修が行えたことはパートナーのお陰でもあり、関係各社様のご協力があってこそのものだと思います。

2017年に目標として掲げた事に向けて、全社をあげて取り組んできました。

この一年様々なことがありましたが、去年よりもリビアスグループが前に進んでいるということは変わりないかと思います。

その目標に向かっていくことにより、去年より今年、今年より来年もっともっといい会社になっていけるのではないかと思っています。

幹部中心となって、2019年も「素直・謙虚・感謝・チャレンジ」を掲げ一致団結していきます。

2018年本当にたくさんの方々にお世話になりました。

来年度もリビアスをよろしくお願い致します。